植田馨文学碑

高知県の観光名所

トップページ高知県の観光高知県の海岸線>植田馨文学碑

高知県黒潮町入野

1925年七郷村(現黒潮町)加持生まれ。四四年出征、四六年中国より復員。教職三十八年、上林暁顕彰会会長、高知新聞歌壇選者等を歴任。斎藤茂吉の実相観入論に学んで作歌、歌集に「海想譜」「猿飼川」。著書「子どもが心を開くとき」「土佐・海やまの歌」その他。

植田馨文学碑

高知県の観光へ戻る  高知県の海岸線へ戻る