岩見重太郎・薄田隼人の塚

高知県の観光名所

高知県の観光>高知県の神社・仏閣>岩見重太郎・薄田隼人の塚

最御崎寺

生没年 慶長20年5月6日
豊臣秀吉に馬廻衆として仕えたと伝わる。秀頼には三千石で仕えていた。剣の道を極めるため、諸国を武者修行の旅に出たが、天橋立での仇討の助っ人をした話や信州松本の吉田村で狒々退治をした話など著名。大阪冬の陣と言われる慶長19年11月には大いに戦って有名をとどろかし、さらに翌元和元年五月の夏の陣では、ついに惜しくも戦死したと伝えられる。
(看板引用)

岩見重太郎・薄田隼人の塚

                    高知県の神社・仏閣へ戻る