渡し場の跡

高知県の観光名所

トップページ高知県の観光高知県の海岸線>渡し場の跡

土佐市宇佐町

渡し場の春は菜の花と鈴の音で訪れた。福島と井尻へんろ道「龍の渡」は大同5年(810)頃空海が青龍寺を開基の節井尻8人衆と渡し守りを残し後の世まで続けよと申し渡したと言う。以来昭和48年(1973)宇佐大橋の架設までおよそ1200年続き四国88ヵ所でただ一つの海を渡し船で行くへんろ道であった。(石碑文抜粋引用)

渡し場の跡

四国の観光へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知県の海岸線へ戻る