長宗我部元親初陣の像

高知県の観光名所

トップページ高知県の観光高知県の海岸線>長宗我部元親初陣の像

高知市長浜

この銅像は元親公没後400年にあたる平成11年(1999)五月に、地元有志の発案により建立されました。元親公は永禄三年(1560)五月、二十二歳の折り本拠地の岡豊城を進発し、宿敵、本山氏の守る長浜城を陥落させ、初陣を飾りました。その際、若宮八幡宮の社頭に陣を張り、戦勝を祈願したことから、この地に初陣の勇姿を再現したものです。その後約25年をかけて全国全土を掌握しましたが、豊臣秀吉の軍門に下り慶長四年(1599)に六十一歳で京伏見の館に没しました。銅像の高さは台座も含め約7メートル、槍の長さは5.7メートルあります。(看板引用)

長宗我部元親初陣の像

四国の観光へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知県の海岸線へ戻る 高知県の銅像めぐりへ戻る