鹿持雅澄歌碑

高知県の観光名所

トップページ高知県の観光高知県の海岸線>鹿持雅澄歌碑

高知県安芸郡芸西村和食

鹿持雅澄は藩政時代に万葉集研究書「万葉集古義」という大著をなした人物であった。天保四年(1833)一月から十月までの短い期間ではあったが、和食浦分一役人を勤め、その時に詠んだ歌が数首残されている。

     引く網に 幸やあるらむ 呼びたてて 海人さわぐ 浦もとどろに

鹿持雅澄歌碑

高知県の観光へ戻る  高知県の海岸線へ戻る 
 高知県の歴史人物へ戻る