前浜掩体群

高知県の観光名所

トップページ高知県の観光高知の太平洋戦争>前浜掩体群

南国市前浜

この掩体は、旧高知海軍航空隊所属の飛行機を攻撃から守るための格納庫である。昭和16年から20年の終戦直前まで飛行場からの誘導線に沿って、鉄筋コンクリートのものが9基、木や竹、土のものがいくつか造られた。現在、鉄筋コンクリートのものが7基残っている。一番大きいもので約、高さ10m・幅45m・奥行き22m 小さいもので約、高さ5m・幅15m・奥行き8mで厚さ50cm程もあり、頑丈なものである。高知海軍航空隊(現高知空港の前身)は、旧三島村の大部分を占有して1943年(昭和18年)に造成された。ここは、予科練(飛行予科練習生)卒業者のうち、偵察搭乗員の実技教育をする飛練(飛行術偵察専修練習生)の本科の練習飛行隊であった。その練習機が通称「白菊」である。昭和20年5月から「白菊」に爆弾を2個のせて、「神風特別攻撃隊菊水部隊白菊隊」として沖縄へ悲劇の出撃をするのである。掩体のある光景は、歴史的事実を今に伝えるひとつの記念碑としてどっしりと構え、周囲の風景と奇妙なコントラストをみせ、平和の意味をしっかりと教えている。
(看板引用)

前浜掩体群

1号掩体  2号掩体  3号掩体  4号掩体  5号掩体  6号掩体  7号掩体

四国の観光へ戻る  高知県の観光へ戻る 
高知県の太平洋戦争