高知県の美術

トップページ高知県の観光>高知県の美術

土佐は果して鬼國なるか、地勢僻遠にして上國との交通便ならず、古来罪囚遠流の國とせられて美術の如き尋ぬべき由なきか如し、然れども事実は全く之に反せり、惟ふに土佐の太古草味の時代に於ても其の美術工芸なる銅鉾、銅鉾等の国内各所に残存するあり、更に佛教の伝来後土佐もその餘澤を受け行基、空海の如き高僧相継ぎて來つて伽藍樓閣を建てしより佛教美術燦然として勃興し以来一千百有余年間時に冶亂の為興亡盛衰ありしと雖も佛教の隆盛なるにつれ其技は時代を追ひて益々発達し四国霊場八十八ヵ所佛刹の偉観を呈するに至れり、而して明治維新に際し廃寺滅法の緺に遭遇し又昔日の盛観なしと雖も然も近時復興の機運あり、更に神社建築の方面にありても佛教の影響を受けて往時より間断なき発展を遂げその屋葢、柱楹、楣間の規模に於て結構善美を竭せり、然れば若し杖を曳きてそれ等の堂社に巡遊すれば九十九洋灣頭の山河は天然の美と人工の美とを竭して互に相映発せり、若し夫れ精細に之を探求すれば古くは銅器時代の美術より奈良、弘仁、平安、鎌倉の黄金時代並に足利、桃山徳川の各時代を経て現代美術に至るまで高臺、樓閣甍を併べ名流先賢の遺品完備して今日に傅はれり、其の彫刻、美術工芸の國賓に列するもの八十八、光輝燦然として南海の地を照す。嗚呼盛なる哉、予この郷土を憶ふの念切なるものあり。

高知県の美術

原始美術  アイヌ式遺跡  弥生式遺跡 祝部土器

土佐の銅器時代 銅鐸① 銅鐸② 美良布神社の銅鐸① 美良布神社の銅鐸② 美良布神社の銅鐸③ 田村発掘の銅鐸 佐川の銅鐸 伊尾木村の銅鐸 大篠村発掘の銅鐸 片地村発掘の銅鐸

銅鉾 小村天神社の銅鉾 高岡神社の銅鉾 波介村の銅鉾 安芸女学校の銅鉾 多郷村加茂神社の銅鉾 下半山村三島神社の青銅鉾 土佐神社國賓鯰尾鉾 

土佐の古墳

貴族美術時代の大勢① 貴族美術時代の大勢② 貴族美術時代の大勢③ 貴族美術時代の大勢④ 貴族美術時代の大勢⑤

神社建築 大社造 神明造・大鳥造 住吉造 流れ造 春日造 日吉造  

寺院建築 種間寺 国分寺 竹林寺 行基開基国分寺 ② ③ ④

四国霊場札所① ② ③ ④ ⑤ 

長楽寺 長徳寺 豊楽寺薬師堂① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫ ⑬ 豊楽寺薬師堂

彫刻 はこちらから

当代彫刻の特色  ② ③ ④  1-2  1-3  1-4 1-5  1-6

竹林寺木造文殊菩薩 ② ③ ④

竹林寺佛陀波離三蔵立像 竹林寺文殊侍者埰桑老人立像 竹林寺文珠侍者優塡王立像

安芸郡中山村薬師堂薬師如来坐像 同寺釈迦如来像 同寺聖観音像 同寺菩薩形像一號 同寺菩薩形二號より四號像 同寺增長天像持国天像① 同寺增長天像持国天像② 竹林寺十一面観音像 恵日寺十一面観音像① 恵日寺十一面観音像② 靑龍寺薬師如来立像  靑龍寺薬師如来立像② 大日寺大日如来座像 大日聖観音像 ②  ③  ④ 竹林寺薬師如来座像 ②  竹林寺阿弥陀如来像 ②  室戸岬最御崎寺如意輪観音像 ② 種間寺薬師如来坐像 ② 国府村国分寺薬師如来像 竹林寺大威徳明王 ② ③ 恵日寺大日如来坐像金剛界 恵日寺大日如来坐像胎藏界 恵日寺毘沙門天像 竹林寺多聞天立像持国天立像 ② ③ ④ 室戸岬最御崎寺薬師如来 室戸岬最御崎寺月光菩薩 金剛頂寺阿弥陀如来像 ② 豊楽寺薬師如来坐像 ②  ②  豊楽寺薬師堂阿弥陀如来坐像 ② ③ ④ 豊楽寺釈迦如来坐像 ② 

絵画と書道はこちらから

美術工藝はこちらから

第三章武家美術時代

第三章武家美術時代②

第三章武家美術時代③

第三章武家美術時代④

第三章武家美術時代⑤

第三章武家美術時代⑥

第三章武家美術時代⑦

第三章武家美術時代⑧

第三章武家美術時代⑨

第三章武家美術時代⑩

第四章庶民美術時代

第四章庶民美術時代②

第四章庶民美術時代③

第四章庶民美術時代④

第四章庶民美術時代⑤

第四章庶民美術時代⑥

第四章庶民美術時代⑦

トップページへ戻る  高知県の観光へ戻る